トピックス

12月2日(日)~3日(月)第25回建設政策研究交流集会

 12月2日(日)~3日(月)、福島のスパリゾートハワイアンズにて、第25回建設政策研究交流集会が開催されました。建交労や国土交通労組、全建総連加盟の各土建組合等、総勢303名が参加しました。記念講演として、地元福島で酒蔵を営む佐藤彌右衛門代表が、震災で多大な被害受けた事を機に「会津電力」を立上げた活動について報告されました。原発や東電に頼らずとも、各地域でエネルギー政策を持つ事で電力は成り立つと、力強く訴えました。また、特別報告として日本型枠工業協会常任理事の後町氏から建設職人の技能評価を公に定めるキャリアアップシステムについて、講演を受けました。分科会などを含め、2日間に渡り建設業界の取巻く情勢をし学習しました。スパリゾートハワイアンズでは、連日ショーが開催されておりますが、この度も、フラガールによる優美な円舞が参加者に感動を与えました。福島の地から、時代を超えて元気を届け続けるフラガールの姿は、労働者の希望に映ります。

建交労東京は雇用形態問わず、
誰でも、一人でも加入できます

組合には、鉄道、運輸、清掃、建設、学童、サービスなど多種・多様な職場で働いている人が加入しています。

秘密厳守!一人で悩まず、
ご相談ください。

03-3820-8644

月曜日~金曜日9時半から17時半まで

tohonbukenkouro@smile.odn.ne.jp