トピックス

第13回建交労学校(6月14日~16日静岡県伊豆長岡)

  6月14日~16日にかけ静岡県伊豆長岡で開催した第13回建交労学校に、神田支部から石塚書記長を含む2名が参加しました。全体で30名弱の参加でした。主催者を代表し、建交労中央本部の角田執行委員長と鈴木書記次長が挨拶され「学んだことを職場に持ち帰り、活動に活用して欲しい。また、多くの仲間づくりに生かして欲しい。」とお話しされました。一日目は、記念講演として愛知県学習協の吉田豊先生から講義を受け、人間らしく尊厳のある働き方をする実現方法論や、次世代に向けた人材の育て方などを学びました。次に「わたしと憲法について」と題して朝龍美和子氏(東京法律事務所)から憲法の誕生以来私たちの生活は、日常的に憲法に守られていることを学びました。休憩後、参加者が4つのチームに分かれて分散会を行いました。二日目は、午前中に角田委員長による「この国、そして建交労はひとりひとりが主人公」と題した学習会が行われ、20周年を迎える建交労の結成前の歴史や将来について講演を頂きました。また、建交労の各部会の特徴についてなど詳しくお話頂き、大変勉強になりました。午後からは、体育館に場所を移しソフトバレーを行い、夕食では、他業種の仲間と組合活動の悩みや、組合の魅力等話しながら、楽しく交流できました。 最終日の三日目、閉校式が行われ、各分散会の報告と、参加者一人一人から今後の組合活動に対しての決意表明がありました。最後に、福富書記次長から閉会の挨拶があり第13回建交労学校は無事に終了しました。
【神田支部 上村 誠】

建交労東京は雇用形態問わず、
誰でも、一人でも加入できます

組合には、鉄道、運輸、清掃、建設、学童、サービスなど多種・多様な職場で働いている人が加入しています。

秘密厳守!一人で悩まず、
ご相談ください。

03-3820-8644

月曜日~金曜日9時半から17時半まで

tohonbukenkouro@smile.odn.ne.jp